宮古島ねっとモバイル

T O P PCサイト
トップページ > 景勝地

Nakasonetwuimya no haka

  • Nakasonetwuimya no haka

  • Nakasonetwuimya no haka

15世紀頃に宮古を統治したという仲宗根豊見親が父・真誉乃子(まゆのふぁ)豊見親の霊を弔うために築造したと伝えられています。豊見親は「とぅいみぃや」と発音し「名高き親」という意味です。当時の石工技術と豊見親の権力がうかがわれる貴重な史跡で、宮古在来の「みゃーか」と沖縄本島風の横穴式の折衷様式は、沖縄本島の文化との交流を裏付けています。

地図を見る
ルートを表示する
一覧表示へ戻る
当サイトはガイドブック宮古島が制作・運営しているポータルサイトです。

関連サイト

Copyright © 2006-2018
株式会社 たけしょう. All rights reserved.

会社概要

Nakasonetwuimya no haka