宮古島の最新ニュース
お勧め観光情報誌
全国へ好評発送中
宮古島観光情報誌
2017年版

ガイドブック宮古島 - 宮古島観光情報誌
ガイドブック宮古島
ガイドブック宮古島発送依頼申込

ガイドブック宮古島は電子ブックでもご覧になれます。
トップページ > 宮古島の観光・レジャーガイド > 観光スポット >>> 大和井(ヤマトガー)・盛加井(ムイカガー)

大和井(ヤマトガー)・盛加井(ムイカガー)

川のない宮古島では雨は地下水として海へ流れ出しますが、天然の湧き水として湧き出ているところが何カ所かあり、それらは「ガー」と呼ばれて、古くから地域住民の生活にとけこんでいました。平良市街地には大和井と約1km離れたところにある盛加井などが残っています。
大和井は1720年頃に作られたといわれ、宮古島の井戸の中で最も手を凝らしたものです。薩摩藩の役人などが使用し庶民は使えなかったことからこの名がついたと言われています。大和井の手前左側にはプトゥラガーがあります。このガーは島民用として使用されていたもので、さらに交差点の向かい側には、家畜用のウプガーがあります。
盛加井は住宅地の真ん中にぽっかりと開いた、直径30mほどの垂直に陥没した穴の奥にあります。100段近い階段を降りつめたところに湧泉口があります。まわりを住宅に囲まれているとは思えないダイナミックな空間で階段を降りる途中で上を見上げると穴のスケールの大きさを感じます。大和井が役人専用だったのに対してこちらは庶民が利用していました。

アクセス 空港から約7km、車で約10分
平良港から約1.5km、徒歩約25分
駐車場 橋の手前と渡ってからの2カ所
備考 見学自由
トイレ・売店などの設備なし
大和井(ヤマトガー):1992年12月県指定文化財